南葵音楽文庫ホームページ

English

文庫のご案内

南葵音楽文庫の中から、貴重な資料の一部を紹介します。


1 音楽事典から

音楽事典の写真

ニューグローブ世界音楽大事典(全20巻)を南葵音楽文庫閲覧室に設置しています。
日本語の音楽事典としては最大の項目数。日本語版作成にあたり、日本に関係した項目も追加されました。
1世紀前のグローブ音楽事典(英語版)は、説明が今と違うのに歴史を感じるでしょう。ほかにも、17世紀以後のさまざまな音楽事典を所蔵しています。

2 大作曲家の全集楽譜

大作曲家の全集楽譜オリジナルの写真

ベートーヴェン、シューベルト、モーツァルトなどの全集楽譜を、「南葵音楽文庫閲覧室」に順次設置中です。 南葵が所蔵しているはオリジナル版
19世紀から20世紀にかけて、全集を最初に出版したときの重厚な豪華な造本に、大作曲家への思いや楽聖への畏敬が感じられます。ほかではなかなか見ることができない珍しい作品の楽譜もふくまれています。

3 音楽雑誌の2世紀

音楽雑誌の2世紀の写真

日本と欧米の音楽雑誌:
およそ100年前、その一部分を南葵音楽文庫閲覧室においています。当時の音楽生活が目に浮かぶでしょう。
ヨーロッパの音楽雑誌:
200年前、ベートーヴェンが作曲活動をしていた時代から所蔵し(おもにドイツ語)、そのなかには作曲家シューマンが編集した雑誌(整理中)もあります。
最新の音楽雑誌は一般の閲覧室にあります。

4 日本と世界の音楽書

資料の写真

明治時代末から戦前にかけての音楽書のなかには、徳川頼貞が購入、あるいは彼に贈られた本も。戦後に出版された音楽書も多数含まれています(1970年代まで)。
南葵音楽文庫とは別に、県立図書館本館としての蔵書もあります。外国語の文献のなかには、日本ではここにしかない貴重な図書も多数あります。

ページのトップへ戻る