今月のピックアップの画像

和歌山県立文書館所蔵       
紀州藩付家老安藤家家臣団名簿の公開

 紀州藩55万5千石のうち3万8千石を領した付家老安藤家が、幕末から明治にかけて作成した家臣団の名簿です。      
 これらの名簿は、慶応4年(1868)に紀州藩から独立した田辺藩、明治4年(1871)7月14日の廃藩置県に伴う田辺県の成立、同年11月22日和歌山県への統合といった期間を通じて作成されたものと考えられます。和歌山県への統合後も、元田辺県として事務を継続していましたが、明治5年(1872)3月7日、田辺城や文書類などが和歌山県へ引き継がれました。   

  *公開画像は白黒画像です。


関連資料を見る

令和4年5月11日
行政刊行物等
 『和歌山県報』明治41年・42年、『県民の友』昭和30年・31年を追加しました。

利用案内

  • このサイトでは、和歌山県立文書館が収蔵している資料の検索、及びデジタル化した資料の閲覧ができます。
  • 資料の記載内容はできる限りそのままの状態で公開しています。現在では不適切な表現を含む場合がありますが、歴史的資料としてご理解の上、ご利用ください。
  • 掲載・展示・放送など、このサイトのコンテンツを二次的利用する際、当館所蔵品以外の公開画像について営利目的での利用を希望する場合は、当館まで連絡してください。非営利の場合でも「和歌山県歴史資料アーカイブ」サイトから転載したものであることを明記してください。

お問い合わせ先

和歌山県立文書館

上に戻る