出張講座の最近のブログ記事

平成25年度 新しい職員の紹介

 4月より新館長が着任されました。今年度は、3名の職員の異動と1名の新規採用がありました。新しい職員の紹介をさせていただきます。

 

 館長 立野 淑郞(たつの よしお)

 定年退職後の5年間、大学の恩師に再び教えていただくかたわら、読書に明け暮れる毎日を送ってきました。その恩師も生きる価値は本を読むことというほど読書好きでおられました。 この度、県立図書館に勤めさせていただくことになり、知の宝庫である宝の山へ入ったような興奮と喜びを感じて居ます。

 「県立図書館が目ざす図書館像」には三つの柱があります。その第一は県民のためにであります。読書活動を推進し学校教育へ積極的な支援を行うことによって、青雲の志しをたて社会に貢献しようとする生き方を育てることに寄与してまいりたいと思います。第二は情報や学習機会を提供することによって、生涯学習活動の活性化をはかり、ライフワークを追及する生き様を求めようとすることに手助けしてまいりたいと思います。第三は郷土の歴史と文化を大切にすることによって、郷土を理解し愛する心を持つことに貢献してまいりたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 サービス課長  児玉 恵美子(こだま えみこ)

 県教育委員会生涯学習課から県立図書館サービス課に異動してきた児玉です。
 3月某日、仕事で内容確認が必要となった古い本を探していました。検索してみると県立図書館の蔵書の中にあるとわかり(県立図書館の蔵書の多さに感謝)、借りることにしました。ところが、いざ借りようとすると、貸出利用券をいつの間にか紛失していたことに気が付きました(自分の管理能力のお粗末さにガッカリ)。再発行の申請と同時に本を借りることができたおかげで(ラッキー!)、仕事は無事すぐ解決することができました。けれど、その時には、まさか、その利用券再発行の正式手続きを、4月に入って自分ですることになるとは思ってもいませんでした。
 図書館業務にたずさわるのは初めてなので、緊張と戸惑いの日々ですが、それ以上にワクワクしているのも事実です。慣れないカウンター業務では、まだまだオタオタの連続ですが、県立図書館の一員として頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

 総務課主任  平林 照浩(ひらばやし てるひろ)

 和歌山県競技式典課(平成27年度和歌山で開催される第70回国民体育大会及び第15回全国障害者スポーツ大会の開催を準備)から、本年度の異動で県立図書館総務課でお世話になることになりました平林です。
 来館者の皆様とは直に接する機会は少ないと思いますが、皆さんが気持ちよく利用できるよう頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

  総務課主査 南出 真里(みなみで まり)

今年度から県立図書館にお世話になる南出です。私は子どもの時から無類の本好きで、もはや活字なしの生活なんて考えられない人間です。ですから今回の異動を知ったときは、本に囲まれて働けるのだと心が浮き立ちました。
 総務課の職員は、直接来館者の皆様と接する機会はあまりありませんが、司書・社会教育主事の皆さんとともに、県民の皆様のニーズに応えられる図書館を目指してかんばりたいと思っていますので、よろしくお願いします。
 

 紀南図書館 司書 左巴 亜希子(さわ あきこ) 

今年度、新規採用されました左巴です。
 新しい環境のなかで、とまどいも多いですが、まわりのかたに支えられ、毎日をすごしております。早く仕事に慣れて、地域にとけこんでいきたいと思っております。紀南図書館は、自然に囲まれた雰囲気のよい図書館です。皆様のご来館をお待ちしております。
県民の皆様のお役に立てるよう努力して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。 

 

中学生に紙芝居の作り方授業

 9月11・12日、和歌山市立河北中学校3年生5クラスを対象に「紙芝居の作り方」の授業を行いました。

 同校は地域の保育園児との合同避難訓練をきっかけに、交流をあたためるため園児に自分たちで紙芝居を作って見てもらおうという計画に取り組んでいます。まずはその導入として当館司書が2日間にわたり各クラスへと出かけてきました。

 紙芝居は見たことがあるという生徒は意外にも少なく半数くらいで、舞台の扉を開け、紙芝居が始まると残暑の厳しさに負けそうだった生徒たちも興味をもった表情で集中して見ていました。

 紙芝居作りは脚本・絵・実演といろいろな力が必要になり、簡単にはできません。今日の授業を参考にし、みんなで力を合わせて園児に喜んでもらえる手作り紙芝居を作ってほしい思います。

  kahoku1.JPG         kahoku2.JPG

 「みんなでぽん」手をいっしょにたたいてね!   「紙芝居の絵を描くときは・・・」耳を傾ける生徒

 

博物館の企画展に司書が出張おはなし会

 7月29日(日)、県立博物館の企画展「きのくにむかしばなし」(期間7/21~9/2)で絵本の読み聞かせに行ってきました。博物館と図書館の初コラボです。昔話に親しんでもらおうとプログラムは大型絵本『にんじんとごぼうとだいこん』、紙芝居『たべられたやまんば』。企画展で展示されている絵巻物「熊野権現縁起絵巻」をベースにした絵本『くまののかみさま』(わかやま絵本の会)をプロジェクターで絵本を大きく映し出した読み聞かせは、古代の貴重な資料をより身近に見ていただけるきっかけになったのではと思います。いつも図書館で読み聞かせをする時は子どもたちでにぎやかなのですが、さすが博物館。とても静かで、空間も広く読み聞かせの声がマイクを使っているかのように響きます。大人の方が多かったのですが、昔話は年齢に関係なく楽しめ、心がほんわかするようです。図書館司書の出張は後2回(8/12、9/2)あります。昔話を聞いて博物館の展示をより一層堪能していただければと思います。

hakubutu1.JPG     hakubutu2.JPG

こんなおおきな絵本あるんだ!      絵本は小さいけどスクリーンに映すのでよく見えます

 

初の中学生図書館ウォッチング

 7月19・20日両日に和歌山信愛女子短期大学附属中学校2年生163名の図書館ウォッチングを行いました。小学校・高校・一般の団体での図書館ウォッチングはこれまでに実施していたのですが、中学校クラス単位でのウォッチングは今回初となりました。

 中学生は当館での利用率が最も低いティーンエイジャーの入り口にあたり、図書館に親しんでもらうきっかけには絶好の好チャンス!とわれわれ職員も期待度アップでウォッチングメニューを準備しました。

 当日はみなさんとてもマナーよく、中学生らしく機敏に行動してくれました。貴重書庫の古い資料や、視覚障害者用の図書読み取り機に興味を示したり、司書の仕事体験でカウンターでの貸出作業や本の書庫出納も意欲的に取り組む姿に、中学生の図書館ウォッチングももっと広げていきたいと思いました。

      sinai2.JPG          sinai1.JPG

      普段は見ることのできない貴重書庫        これからカウンター体験!緊張

出張講座:海南市中央公民館土曜講座

 10月27~11月9日は読書週間です。10月30日(土)海南市では下津図書館で中央公民館土曜講座第5回が開かれ、「図書館へ行こう!今年は国民読書年」と題して県立図書館が出張講座を実施してきました。

 大型絵本を使った挨拶で始め、国民読書年や読書に関する記念日について紹介したり、図書館の機能やサービス・本の分類等を知っていただいたり、皆さんが気持ちよく利用するためのマナーを認識していただいたりしました。また、読書の魅力を伝えるとともに宮沢賢治の世界を紙芝居『貝の火』で味わっていただき、「あっ」という間の1時間でした。

 平均年齢は50歳以上という約25名の受講生の方々はとても意欲的で、図書館への関心を深めていただいた様子でした。また「何十年ぶりだろう」と紙芝居にも感動していただきました。

 「図書館は生涯学習の場」の言葉通り、赤ちゃんから高齢者まで感動できるものを図書館がこれからも提供していきたいと思った1日でした。

  doyou1.JPG     doyou2.JPG

大型絵本でご挨拶「よろしくお願いいたします」  生き生き目が輝いている受講生のみなさん

風土記まつりでおはなし会

  10月11日(月・祝)、紀伊風土記の丘の「風土記まつり」で「図書館のおはなし会」を行いました。他にも様々なイベントが行われている中、おはなし会は古民家「旧柳川家」で行いました。

 『みんなでぽん!』『へんしんトンネル』では、参加者といっしょに手をたたいたり、言葉遊びをしたり、『 おばけもいますなかまがぞろぞろ』では、和歌山の妖怪をみんなで探したりと、普段は静かな場所が、子どもたちの声で賑やかになり、とても楽しく盛り上がることができました。最後は『いなむらの火』の大型紙芝居。迫力のある絵と物語が古民家の雰囲気にぴったりで、小さいお子さんも真剣に聞き入ってくれていました。たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました!

  fuudoki1.JPG      fuudoki2.JPG

   ちょっと古風な看板です。           日本の妖怪だ!和歌山の妖怪はどれかな? 

出張講座:幼稚園でおはなし会・本の修理

 9月16日(木)雑賀崎幼稚園の園児に、絵本・紙芝居の読み聞かせを行い、その後、保護者の方々に本の修理の講習を行いました。

 参加された保護者の方々は、本の修理は初めてでしたが、大変熱心に受講していただきました。まず、本の修理がなぜ大切かという話や、修理の仕方の説明をした後、実際に保護者の方に修理をしていただきました。修理用品の話の中で、「セロテープは変色するので使用せず、専用のテープを使ってほしい」と説明すると、全員が「今までセロテープで直してたわ」とびっくり。

 3人一組に分かれての実習では、破れた本・ページのはずれた本・背表紙が傷んだ本の修理をしていただきました。修繕テープの貼り方、のりの付け方等、気を付けるポイントなどの説明の後、実際にやってみると、「思っていたより大変!」「けっこう難しい!」「テープの台紙がはがれない」との声が上がりました。しかし、段々と慣れてきて、他に修理箇所がないか探して、積極的に修理に取り組まれていました。

 今回の講習をきっかけに、修理の方法だけでなく、本を大切にする心が、保護者の方を通して子どもや周囲の方々にも伝わってほしいと願っています。

                                          saikazaki1.JPG

                                         園児に「おはなし会」大きなおいもだよ~!

   saikazaki2.JPG     saikazaki3.JPG

    修理専用のテープはこれです。      テープの使い方は・・・慣れてないと難しいなぁ

紀伊風土記の丘で「図書館のおはなし会」

 8月8日(日)、紀伊風土記の丘の旧柳川家住宅で、図書館のおはなし会を行いました。

 約200年前に建てられ、現在の地に移築・復原修理された古民家です。もちろん、クーラー・扇風機はありません。セミの声の中、汗をかきながらのおはなし会でしたが、そこは、昔の人の知恵が生きた古民家です。さわやかな風が吹きわたりました。

 夏にぴったりの大型絵本「ありとすいか」、家族で遊べるわらべうた「ずいずいずっころばし」などを、みんなで楽しみました。

 10月11日に紀伊風土記の丘で催される「風土記まつり」でも、図書館のおはなし会があります。秋の雰囲気をたっぷり味わっていただけると思いますので、みなさまどうぞお越しください。

  fudoki1.JPG    fudoki2.JPG

   おいしそうなスイカ!食べたいなあ!      古民家の「お話し会」はいい雰囲気

  

出張講座:中学生に本の紹介

 7月1日(木)に海南市立東海南中学校へ、7月6日(火)には印南町立印南中学校へ本の紹介に行ってきました。

  東海南中学校は全校生徒を対象に体育館で、印南中学校は学年別対象に多目的ホールでの出張講座となりました。生徒のみなさんに、見て聞いて楽しんでいただけるようにとパワーポイントで映像や音響を使用しました。また紙芝居なども取り入れました。

 「読書っていいことがいっぱいあるよ」という導入から、「じゃあ実際どんな本があるの?」ということで今年の課題図書をきっかけに冒険ファンタジーや等身大の物語、ノンフィクションのジャンルを約30冊ブックトーク形式で紹介しました。

 生徒のみなさんは真剣に聞いてくださり、終わった後も実物の本を見に来たり、後日うれしい感想文を送ってくださったりしました。一部を紹介します。「今まで知らなかった本にふれることができて楽しかったです」、「おもしろそうな本がたくさんあり、本の嫌いな私も読みたいです」、「本はすばらしい!」

 中学生になると、それぞれの個性の違いがはっきり出てきて、本への反応も様々です。夏休み中に1冊でもいいから読んでよかったと思える本に出会ってほしいと願っています。

 kainan.JPG      inami.JPG

    読書っていいこといっぱいだよ        宮沢賢治の世界を紙芝居で味わうのもいいね

        (東海南中学校)                    (印南中学校)

那智勝浦町へ出張おはなし会

 2月18日(木)、那智勝浦町の下里小学校に、おはなし会の出張にいってきました。この日は、近隣の小学校と保育園の年長さんを迎えての交流会です。
 保護者の方々も交えて総勢60名!みなさん集まると、ワイワイガヤガヤのにぎわい。おはなしの声が届くか心配でした。でも、おはなしが始まると、じっと集中して聞き入ってくれました。
 おはなし会プログラムのひとつ『おおきくおおきくおおきくなあれ』は、子どもたちの「大きくなあれ!」というかけ声とともに画面を展開すると、小さなケーキがどんどん大きくなっていく紙芝居です。演じている途中で、「小さくしてー!」と子どもたちからリクエストの大合唱。急きょ、「ちいさくちいさくちいさくなあれ」と子どもたちに小さな声で唱えてもらって、紙芝居を逆展開。ケーキはちゃーんと小さくなりました。
 保育園の年長さん、小学校の一年生から三年生、保護者の方々、それから読み手の私たちまで、みんなで楽しめたおはなし会でした。

simosato1.JPG    
大型紙芝居「おおきくおおきくおおきくなあれ」
simosato2.JPG
大型絵本で電車の旅を楽しもう!

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち出張講座カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはその他です。

次のカテゴリは展示です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。