紀州徳川家ゆかりの文化遺産-南葵(なんき)音楽文庫 県立図書館で公開!

昨年、読売日本交響楽団から和歌山県に寄託された、紀州徳川家にゆかりある貴重な西洋音 楽関連資料コレクション「南葵音楽文庫」(なんきおんがくぶんこ)について、平成29年12月3日を皮切りに、県立図書館において整理が終了した資料から順次一般公開いたします。

~南葵音楽文庫とは~
 紀州徳川家第16代当主である徳川頼貞(1892-1954年)は、幼少の頃から音楽に興味を持ち、21歳でケンブリッジ大学に留学し、音楽を専攻。欧州の音楽文化を目の当たりにした頼貞は、帰国後、東京麻布飯倉に音楽専用ホール「南葵楽堂」(1918年落成)を建設しました。これに併設された音楽専門図書館に所蔵されていた西洋音楽関連資料コレクションが、南葵音楽文庫(なんきおんがくぶんこ)です。「南葵(なんき)」は紀州徳川を意味します。
(和歌山県文化学術課ホームページより)

また、資料の公開を記念して、県立図書館で演奏会や講演会を開催するとともに、寄託を記念 する事業として、県立博物館での企画展や、県民文化会館での読売日本交響楽団による特別公演の開催も予定しております。

どうぞお楽しみに!

これからの主な予定

南葵音楽文庫プレオープン(県立図書館:12 月 3 日(日)から開室)
 コレクションの一部を南葵音楽文庫閲覧室に開架で公開。閲覧室入り口の展示ケースで は関連資料を紹介。プレオープン記念として、演奏会、講演会を開催。

南葵ミニレクチャー(県立図書館:12 月 9 日(土)から毎週土曜午前 11 時開催)
 南葵音楽文庫の資料や歴史にまつわる 30 分程度のミニレクチャー。会場は上記閲覧室。 所蔵する貴重な本や珍しい楽譜の紹介も。ほかに定期講座を準備中。

企画展「南葵音楽文庫 音楽の殿様・頼貞の楽譜コレクション」 (県立博物館:12 月 3 日(日)から 1 月 21 日(日)の期間で開催)
 ベートーヴェンの自筆楽譜など最も貴重な資料約 100 点を展示。会期中に会場でミュー ジアム・トークを予定。

南葵音楽文庫寄託記念〜読売日本交響楽団 和歌山特別公演〜 (県民文化会館大ホール:12 月 6 日(水)午後 7 時開演)
 頼貞の英国留学時代の師ネイラーが作曲した序 曲《徳川頼貞》が、97 年ぶりに演奏される予定。(指揮:川瀬賢太郎 ピアノ:仲道郁代)

南葵音楽文庫チラシ画像 読売日本交響楽団 和歌山特別公演チラシ画像
(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示します)

関係機関へのリンク(別ウィンドウで開きます)

このブログ記事について

このページは、和歌山県立図書館ニュースが2017年7月26日 12:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウィンター遊ing「がん患者・家族、県民のための公開講座」を開催しました」です。

次のブログ記事は「いよいよ公開!南葵(なんき)音楽文庫」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。