2017年2月アーカイブ

 平成29年1月23日(月)に岩手県盛岡市で開催された、国立がん研究センター主催のワークショップ「いつでも、どこでも、だれでもが、がんの情報を得られる地域づくりの第一歩」において、和歌山県の取り組みを報告しました。国立がん研究センターでは、がん情報普及のための医療・福祉・図書館の連携プロジェクトに取り組み、住民へのがん情報の充実を図ることを目的としています。

 今回、和歌山県の取り組みを紹介するため、和歌山県立医科大学附属病院がん相談支援センターの雑賀祐子看護師から和歌山県のがん対策を主として、公開講座で県立図書館と共催する有効性やがん相談支援センターの取り組みなど報告がありました。当館からは、松田公利主査司書が、「がん」関係図書コーナーの開設における関係機関との連携や、県民の後押しにより連携が発展したことなどの実例を報告しました。また、福岡県飯塚市と北海道浦河町からも取り組みの報告があり、シンポジウムでは参加者から多くの質問をいただきました。

 当日、雪が積もり寒い盛岡市でしたが、北海道と東北地区から100名近い関係者の参加があり、最後に開かれた情報交換会では、通常実現しない北日本地区の図書館職員等の方々と交流を持つことができ、有意義な時間を参加者の皆さんと共有することができました。

2017_2_8_1.JPG 
会場の「アイーナいわて県民情報交流センター」
(岩手県立図書館が併設する)

2017_2_8_2.JPG
和歌山県立医科大学附属病院の雑賀祐子氏の報告

2017_2_8_3.JPG
和歌山県立図書館の報告

2017_2_8_4.JPG
情報交換会

このアーカイブについて

このページには、2017年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。