2016年10月アーカイブ

「がん」のセミナーが開催されました

 平成28年10月6日(木)に、国立がん研究センターがん対策情報センターと第一生命保険株式会社が共催しての「がん」情報普及セミナーが和歌山県民文化会館で開催され、約220人の参加がありました。このセミナーは、「がんの時代を生きる」と題して、各地で開かれていて、がん情報を得る方法など学べる内容になっています。

 国立がん研究センターがん対策センター長の若尾文彦氏からは、正しいがん情報の探し方や、がん検診による早期発見の必要性について話されました。

 また、和歌山県立医科大学附属病院腫瘍センター副センター長の上田弘樹氏からは、和歌山県のがん死亡率や検診の受診率などの統計を基にした状況説明がありました。さらに、県内のがん治療の拠点病院や、治療費や仕事を継続する等の相談ができる「がん相談支援センター」の紹介がありました。

 このセミナーで、当館からは「がん関係図書コーナー」を案内しました。がんコーナーにある図書の紹介、当館で開催の図書館いきいきサロンや公開講座などを説明して、がん情報を得る入口として気軽に当館を活用して欲しいとお伝えしました。

 平成26年の統計で和歌山県は、75歳未満のがんで亡くなった人の割合が全国で9番目に高く、和歌山県では個人に限らず、企業などと連携してのがん検診受診率向上を目指しています。当館も、がん情報のワンストップ拠点として、県民の皆さんにがん情報を広く提供できるように今後も取り組んでいきます。

2016_10_19_1.JPG 
がん対策情報センター長 若尾文彦氏による基調講演

2016_10_19_2.JPG

 「がん」関係図書コーナーの紹介をする当館松田主査司書

2016年和歌山地域図書館協議会フォーラムを開催しました

10月1日(土)に当館に隣接する和歌山大学松下会館において、「2016年和歌山地域図書館協議会フォーラム」(和歌山地域図書館協議会主催)を開催しました。

【今回のテーマは「華岡青洲とその門人たち」】

医聖華岡青洲顕彰会顧問の池田章氏に「医聖華岡青洲とその生涯」と題してご講演いただきました。華岡青洲の生涯を思いをこめて熱く語ってくださいました。元和歌山市立博物館副館長の高橋克伸氏には「門人からみた春林軒における青洲の医療について」と題して華岡青洲の門人たちによる詳細な手術の記録などの資料を解説していただきました。2016_10_1_No1.jpg

2016_10_1_No2.jpg 

このフォーラムにあわせて、当館一階閲覧室において
華岡青洲に関連のある資料約60冊の展示・貸出を行いました。

2016_10_1_No3.jpg

華岡青洲が創案した手術用メス(コロンメス)の複製
(和歌山県立医科大学図書館所蔵)も展示しました。

 フォーラムの企画・運営・広報、資料展示、和歌山地域図書館協議会企画展「和歌山と医学のひろがり」のパネル作成などを和歌山大学、高野山大学、近畿大学生物理工学部、和歌山工業高等専門学校、和歌山県立医科大学、和歌山信愛女子短期大学の図書館と和歌山県立図書館が役割を分担して行いました。

 たいへんだけど、なんだか楽しい・・・。

そして、かずかずのハプニング(?)を乗り越え、無事にフォーラムを開催することができました。      

 華岡青洲について、よりよく知っていただけたのではないでしょうか?

ご参加ありがとうございました。

 

※『和歌山地域図書館協議会』は和歌山県内の大学、短期大学、高等専門学校の図書館と和歌山県立図書館を中心とした県内の公立図書館(室)が連携して生涯学習の発展に寄与することを目的として組織しています。

このアーカイブについて

このページには、2016年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年9月です。

次のアーカイブは2016年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。