2015年10月アーカイブ

第101回 全国図書館大会で実践報告を行いました

 平成27年10月15日・16日の両日、東京都の国立オリンピック記念青少年総合センターで、第101回全国図書館大会が開催されました。

 第2日目の第20分科会「健康情報」で、和歌山県立図書館の「がん」に関する取り組みについて、当館の松田公利主査司書が実践報告を行いました。

 分科会のテーマは、「健康情報サービスから探る地域との協働」で、図書館と「がん」関係機関との連携について、当館の他、滋賀県健康医療課・滋賀県公共図書館協議会・埼玉県立久喜図書館・鳥取県立図書館の担当者から報告があり、各館の特色ある先進的な実践内容により、参加者からは「大変参考になった」等の声を多くいただきました。

 当館の発表では、和歌山県健康推進課・NPO法人いきいき和歌山がんサポート・和歌山県立医科大学附属病院との連携や、個人利用者との意見交換による「がん」コーナーづくりの実践など報告しました。

 和歌山県立図書館の取り組みが、全国の図書館員に認識される良い機会となり、参加者の方々と意見交換も行うことで、相互に情報を共有しました。

 平成24年12月に制定された「和歌山県がん対策推進条例」の基本理念に基づき、県立図書館がその一助になるように、がん関係機関との連携をさらに充実させていきたいと考えています。

2015_10_22-1.JPG   2015_10_22-2.JPG
    和歌山県立図書館の発表           シンポジウムの模様

ビブリオバトル地域図書館大会が始まりました。

図書館行事として全国的な広がりを見せているビブリオバトル。

ここ数年、県内でも当館をはじめ、各地の図書館で開催されるようになりました。

そこで今年は、県内の図書館と連携し、各地の中高生チャンプが一堂に会し

和歌山県の中高生チャンプを決定する「ビブリオバトル和歌山大会」を開催

することになりました。

その「和歌山大会」へ続く地域図書館大会のトップバッターとして、

9月20日に「第1回有田川大会 ビブリオバトル」が開催されました。

まず始まった中学生の部の予選では、同票を獲得した発表者が決選投票にもつれ込み、

早くもバトルは白熱。続く本戦でも、発表者の皆さんは緊張しながらも個性あふれる発表

を行い、会場の方々は真剣に耳を傾けていました。

また、表彰式では、会場となった地域交流センターALECのマスコットキャラクター、

「ありりん」からチャンプの二人に決勝(和歌山大会)への切符が手渡されました。

2015_09_20_01.jpg   2015_09_20_02.jpg
自分の選んだ本について熱く語る出場者の皆さん       表彰式にはありりんも登場!


「ビブリオバトル和歌山大会 決勝」は12月13日(日)

今後の地域大会のスケジュールは当館ホームページのビブリオバトルのページ

から確認できます。

関連リンク:

和歌山県立図書館ホームページ(ビブリオバトルのページ)(別ウィンドウで開きます)

このアーカイブについて

このページには、2015年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2015年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。