2014年4月アーカイブ

郷土資料展示「絵本で親しむふるさと、わかやま」開催中!

こどもの読書週間(4月23日~5月12日)にあわせ、子ども向きの郷土資料展示を行っています。

 徳川吉宗や南方熊楠など和歌山ゆかりの有名人を題材にした絵本や、和歌山の歴史や民話をわかりやすく描いた絵本もあります。児童室入り口付近にあるため、通りがかった親子連れの利用者の方は、興味深そうに手に取ってくれていました。和歌山にこんな話があったんだ、とか、こんな人物がいたんだ、と知るきっかけになればうれしいです。

住んでいても、知らないことが多いふるさとのことを、絵本で楽しく読んでみませんか。

 

展示名:「絵本で親しむふるさと、わかやま」

期 間:4月23日(水)~5月11日(日)

冊 数:120冊

場 所:児童室入り口付近

                   kyoudo1.jpg  

          知らないお話もいっぱい! 

       kyoudo2.jpg

         司書のコメントがついてる絵本もあります!

        

 

平成26年度の新しい職員を紹介します

4月より職員が6名、異動により着任されました。新しい職員の紹介をさせていただきます。

 副館長 澤田 哲治(さわだ てつじ) 

 県立紀北支援学校から県立図書館副館長に着任しました澤田哲治です。
 以前にも図書館で勤務させていただいておりましたが、この4月から県民の方々や学生の皆様が図書館を利用される多さ、またその熱心な姿を拝見して生涯学習施設としての県立図書館の役割を改めて感じています。
 読書活動サービスをとおして県民に親しまれる図書館、文化を始め様々な情報や学習機会を提供できる図書館、和歌山の「歴史と文化」を大切にする図書館をめざして頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。

 文化情報センター 主任司書 鈴木 浩(すずき こう)

 県教育委員会生涯学習課から図書館文化情報センターに異動になりました鈴木です。
 生涯学習課の前は県立図書館に勤務しておりましたが、文化情報センターは初めてであり、新しい環境のもとでのスター トとなります。文化情報センターと県立図書館が社会教育施設として、より多くの県民の皆様に利用していただけるよう取 り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

 文化情報センター 副主査 人瀬 昭一(ひとせ しょういち)

 この4月より、文化情報センターに配属となりました人瀬と申します。
 身体を動かすことが大好きで、特に水泳、磯釣り、バイクは長年親しんできました。どちらかというと、図書館とはなじみのない生活を過ごしてきた自分にとって非常に興味深く過ごしています。一日でも早く新しい環境に慣れて、自分なりの観点から仕事に取り組めたらと思っています。
 分からないことだらけで、戸惑うことも多く、利用者の方々には御迷惑をおかけするかも分かりませんが、精一杯努力いたしますので、気軽に声をかけていただければ幸いです。

 総務課 主査  岡室 郁子(おかむろ いくこ)

 県立学校から異動してきました、岡室です。
 新しいことばかりで、まわりの方々に支えられて毎日を過ごしています。来館者の皆様とお会いする機会は少ないですが、皆様に気持ちよく利用していただけるように頑張りたいと思います。
 どうぞよろしくお願いします。

 サービス課  主査 岩橋求実(いわはし  くみ)

 本年度の異動で県教育委員会学校指導課から、県立図書館サービス課でお世話になることになりました岩橋です。これまで、学校で学校図書館の仕事に携わったことはありますが、図書館の仕事は初めてです。たくさんの本を前にしてわくわくし、まだ慣れないカウンターではドキドキしています。県民の皆様のニーズに応えられるよう、頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 

 サービス課 主査司書 倉本 艶子(くらもと つやこ)

 県立那賀高校から異動してきました倉本です。学校図書館とは違う現場に日々戸惑っている状況ですが、一日も早く仕事に慣れ、みなさまに貢献できるよう頑張っていきたいと思っております。勤務中、書架の間を歩いていると思わず手に取っ てしまいたくなる本が多くあり、時間を忘れかけそうになりますが、気を引き締め、精一杯、努めて参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。