2010年9月アーカイブ

出張講座:幼稚園でおはなし会・本の修理

 9月16日(木)雑賀崎幼稚園の園児に、絵本・紙芝居の読み聞かせを行い、その後、保護者の方々に本の修理の講習を行いました。

 参加された保護者の方々は、本の修理は初めてでしたが、大変熱心に受講していただきました。まず、本の修理がなぜ大切かという話や、修理の仕方の説明をした後、実際に保護者の方に修理をしていただきました。修理用品の話の中で、「セロテープは変色するので使用せず、専用のテープを使ってほしい」と説明すると、全員が「今までセロテープで直してたわ」とびっくり。

 3人一組に分かれての実習では、破れた本・ページのはずれた本・背表紙が傷んだ本の修理をしていただきました。修繕テープの貼り方、のりの付け方等、気を付けるポイントなどの説明の後、実際にやってみると、「思っていたより大変!」「けっこう難しい!」「テープの台紙がはがれない」との声が上がりました。しかし、段々と慣れてきて、他に修理箇所がないか探して、積極的に修理に取り組まれていました。

 今回の講習をきっかけに、修理の方法だけでなく、本を大切にする心が、保護者の方を通して子どもや周囲の方々にも伝わってほしいと願っています。

                                          saikazaki1.JPG

                                         園児に「おはなし会」大きなおいもだよ~!

   saikazaki2.JPG     saikazaki3.JPG

    修理専用のテープはこれです。      テープの使い方は・・・慣れてないと難しいなぁ

エルトゥールル号事件に関する展示

 県立図書館では、8月1日(日)から、エントランス・ホールで、トルコ共和国(事件当時はオスマン帝国)の軍艦エルトゥールル号に関する展示を行っています。

 エルトゥールル号遭難事件について書かれた資料(本)を中心に、写真やパネルなどを使って、事件を紹介しています。また、歴史・文化・民俗など、トルコ共和国に関する資料(本)のコーナー(約150冊)をつくって皆様にご利用いただけるようにしています。

  今後は、写真の展示替えなどをしながら、9月末日まで展示を行う予定です。
この機会に、皆様方にも、展示をご覧いただいたり、実際に本を手に取ったりしていただいて、当事件やトルコという国について関心をもっていただけたらと思います。

  皆様のご来館をお待ちしています。
eru1.JPG                   eru2.JPG

   いろいろな本を展示しています。              本の貸出コーナーです!

夏休み「図書館ウォッチング」親子・一般の部を開催しました。

 7月25日(日)・8月26日(木)に親子の部、8月1日(日)に一般の部の夏休み「図書館ウォッチング」を開催しました。
 書庫見学の中での面白資料の紹介では、懐かしの大阪万博タイムカプセルの記録書や、テレビ音楽番組の記念誌に、子どもより大人の方が「へぇ~」と驚かれていました。
 司書の仕事体験での蔵書印押しでは、子どもたちはハンコを押した本が永久保存されると聞き、慎重に押印、上手にできるとニッコリと嬉しそうでした。
 皆さんの楽しそうな様子に、思わず説明に熱が入ってしまいましたが、いつもと違う図書館の裏側を知り、新しい発見をいっぱいしてもらえたと思います。
 今年から始まった一般の部では、13歳から71歳の方まで、幅広い年代の方に参加していただき、本の受入や修理などの本の整備作業を体験していただきました。              

IMG_1570.JPG        P1000875.JPG   

       蔵書印押しは慎重に!                 明治の新聞読めるかな?

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。