2010年2月アーカイブ

那智勝浦町へ出張おはなし会

 2月18日(木)、那智勝浦町の下里小学校に、おはなし会の出張にいってきました。この日は、近隣の小学校と保育園の年長さんを迎えての交流会です。
 保護者の方々も交えて総勢60名!みなさん集まると、ワイワイガヤガヤのにぎわい。おはなしの声が届くか心配でした。でも、おはなしが始まると、じっと集中して聞き入ってくれました。
 おはなし会プログラムのひとつ『おおきくおおきくおおきくなあれ』は、子どもたちの「大きくなあれ!」というかけ声とともに画面を展開すると、小さなケーキがどんどん大きくなっていく紙芝居です。演じている途中で、「小さくしてー!」と子どもたちからリクエストの大合唱。急きょ、「ちいさくちいさくちいさくなあれ」と子どもたちに小さな声で唱えてもらって、紙芝居を逆展開。ケーキはちゃーんと小さくなりました。
 保育園の年長さん、小学校の一年生から三年生、保護者の方々、それから読み手の私たちまで、みんなで楽しめたおはなし会でした。

simosato1.JPG    
大型紙芝居「おおきくおおきくおおきくなあれ」
simosato2.JPG
大型絵本で電車の旅を楽しもう!

出張講座 ―現職教育―

 2月10日(水)、紀の川市立丸栖小学校へ出張講座に行ってきました。

「子どもの読書活動について」というテーマで子どもの読書の状況や環境、読書の大切さ、本の紹介、読み聞かせの演習などについて、先生方の現職教育の一環としてお話する機会をいただきました。

 「本の冊数ばかりでなく内容にもっと目をむけて、じっくり本を味わってほしい」「本を読むことでウキウキと楽しくなったり、涙をながして悲しんだり、感動したり、心をゆり動かしたりすることが大切」と先生方とに伝え、共感を得た時は私たちも嬉しさいっぱいになります。学校と県立図書館が協力しあい、子どもの読書環境をととのえていくことに一歩近づけたのではないかと感じました。

 たくさんの本を紹介した時の先生方の輝いている目!読み聞かせの演習の時、子どもたちのようにワイワイ言いながら楽しそうに練習されている姿!講座を真剣に聞いて下さる先生方に接して目に浮かぶことは子どもたちに生き生きと読み聞かせをしている先生方の姿です。子どもたちに直接接する先生の感性が大切と実感し、そのお手伝いを私たち県立図書館がこれからも広げていきたいとの思いを強くした一日でした。

marusu2.JPG     marusu1.JPG

 児童が帰ってすぐに先生は勉強!       なるほど!こうすればページがめくりやすいわ

川端誠さんがやってきた!!

 2月7日(日)、絵本作家川端誠さんを迎え「子どもが主役の読書」を開催しました。午前に絵本ライブ、午後に講演会を行いました。延べ約350人の方々が絵本の世界、川端さんの魅力にたっぷり触れ、会場は大満足の笑顔であふれました。

 前日の6日午後3時半、川端さんは東京から当館に到着するなり、お茶も飲まず、真っ先に会場(メディア・アート・ホール)をチェック!観客席の設置、舞台の高さ、照明などに次々と指示が出されます。来てくださる方が見えやすく、聞きやすく、最も楽しめる環境を考えて、会場に手を加えていく姿に、まるで本番さながらの気迫を感じ、我々もピシッと気合が入りました。また、椅子の角度をひとつ変えるだけでいかに観客が見やすくなるか、観客に最も満足してもらえる会場作りとはどういうものなのかということを改めて勉強させていただきました。

 本番当日、午前10時30分「絵本ライブ」がスタート。藍色の作務衣がよく似合う川端さんが拍子木を使って参加者をうまーく誘導し、会場に大きな拍手を起こさせます。つかみはOK!!『うんこ日記』のひらき読みを皮切りに、川端ワールドが展開していきます。舞台前に敷かれたシートには、絵本の世界にどんどん引き込まれていく子どもたちの熱気が漂います。作者自身の手で1冊1冊の絵本に命が吹き込まれていき、作者ならではの絵本に込められた思いが語られました。「あっ」という間の60分が過ぎ、興奮冷めやらぬ間に午後からの「講演会」開始!青いシャツに白いスラックスと衣装も気分も一新。「絵本とともに旅をして」と題して、スライドを交えながらお話がすすめられました。「実は僕、子どもの頃本をあまり読まなかったんだけど、本はやっぱり必要だよ」ということ。絵本をかくきっかけは19歳の時、レオ・レオニの『フレデリック』に出会ったからということ、スライドで気の遠くなるような絵本の制作過程を紹介しながら、「どんなに大変だと思うことでも、やり始めればいつかは終わる」と勇気がもらえるお話など、たくさんの宝物をいただくことができました。サイン会でも、一人一人の名前を丁寧に心込めて書かれている川端さんの姿に感動!川端さんから素晴らしい時間とエネルギーを贈っていただきました。2月末には落語絵本の新作「かえんだいこ」が出版されるそうです。そして、もうすでに次の新作に取り掛かり、悪戦苦闘しているという川端さん。健康に留意され、ますますのご活躍を心より願っています。 

   makoto2.JPG    makoto1.JPG

   開場前の念入りなチェックをする川端さん  子どもも大人もドンドン引き込まれる絵本ライブ

   makoto3.JPG    makoto4.JPG

  講演会はじっくりと聞き入る場面も盛りだくさん   ラジオ番組の取材。ここでも講演!

     (和歌山放送「にこにこ子育て」2/12より4週・毎金曜日15:55~16:05放送予定)

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年1月です。

次のアーカイブは2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。