昨年、読売日本交響楽団から和歌山県に寄託された、紀州徳川家にゆかりある貴重な西洋音 楽関連資料コレクション「南葵音楽文庫」(なんきおんがくぶんこ)について、平成29年12月3日を皮切りに、県立図書館において整理が終了した資料から順次一般公開いたします。

~南葵音楽文庫とは~
 紀州徳川家第16代当主である徳川頼貞(1892-1954年)は、幼少の頃から音楽に興味を持ち、21歳でケンブリッジ大学に留学し、音楽を専攻。欧州の音楽文化を目の当たりにした頼貞は、帰国後、東京麻布飯倉に音楽専用ホール「南葵楽堂」(1918年落成)を建設しました。これに併設された音楽専門図書館に所蔵されていた西洋音楽関連資料コレクションが、南葵音楽文庫(なんきおんがくぶんこ)です。「南葵(なんき)」は紀州徳川を意味します。
(和歌山県文化学術課ホームページより)

また、資料の公開を記念して、県立図書館で演奏会や講演会を開催するとともに、寄託を記念 する事業として、県立博物館での企画展や、県民文化会館での読売日本交響楽団による特別公演の開催も予定しております。

どうぞお楽しみに!

これからの主な予定

南葵音楽文庫プレオープン(県立図書館:12 月 3 日(日)から開室)
 コレクションの一部を南葵音楽文庫閲覧室に開架で公開。閲覧室入り口の展示ケースで は関連資料を紹介。プレオープン記念として、演奏会、講演会を開催。

南葵ミニレクチャー(県立図書館:12 月 9 日(土)から毎週土曜午前 11 時開催)
 南葵音楽文庫の資料や歴史にまつわる 30 分程度のミニレクチャー。会場は上記閲覧室。 所蔵する貴重な本や珍しい楽譜の紹介も。ほかに定期講座を準備中。

企画展「南葵音楽文庫 音楽の殿様・頼貞の楽譜コレクション」 (県立博物館:12 月 3 日(日)から 1 月 21 日(日)の期間で開催)
 ベートーヴェンの自筆楽譜など最も貴重な資料約 100 点を展示。会期中に会場でミュー ジアム・トークを予定。

南葵音楽文庫寄託記念〜読売日本交響楽団 和歌山特別公演〜 (県民文化会館大ホール:12 月 6 日(水)午後 7 時開演)
 頼貞の英国留学時代の師ネイラーが作曲した序 曲《徳川頼貞》が、97 年ぶりに演奏される予定。(指揮:川瀬賢太郎 ピアノ:仲道郁代)

南葵音楽文庫チラシ画像 読売日本交響楽団 和歌山特別公演チラシ画像
(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示します)

関係機関へのリンク(別ウィンドウで開きます)

平成29年1月29日(日)にウィンター遊ing「がん患者・家族、県民のための公開講座」(和歌山県立医科大学附属病院・和歌山県立図書館主催)を開催しました。今回は、モデルの園田マイコさんに『乳がんが教えてくれた私らしい生き方』と題してご講演いただきました。

 はじめに当館司書より園田さんの著書『モデル、40歳。乳がん1年生。』を紹介しました。

 講演では、39歳で「乳がん」と告げられ目の前が真っ暗になったこと、それを知った息子さんが「大丈夫だよ」と抱きしめてくれたこと、サードオピニオンで訪れた病院で現在の主治医の先生と出会ったことなど、告知から検査、手術についてお話いただきました。また、その後の抗がん剤治療中でもさまざまな帽子やウィッグ(かつら)でおしゃれを楽しみ、明るく前向きに乳がんと向き合ってきた園田さんのお話に参加者全員が引き込まれました。

 その後、和歌山県立医科大学附属病院・がん看護専門看護師の温井由美氏と共にトーク形式で会場からの質問に答えてくださいました。がん患者さんからの悩みやすべての質問に対して、真摯に答えてくださった園田さんの姿が印象的でした。

講演終了後には、NPO法人いきいき和歌山がんサポートさんによる活動報告がありました。

会場は約130名の参加者で満員となり、講演後は園田さんのご好意でちょっとした撮影会もあり、園田さんの温かく明るいお人柄に参加者全員が元気をもらった公開講座となりました。

園田マイコさんの写真  園田さんと温井さんのトークの写真
治療中でも前向きに生きるには・・・      会場からの質問に答える園田さん

 平成29年1月23日(月)に岩手県盛岡市で開催された、国立がん研究センター主催のワークショップ「いつでも、どこでも、だれでもが、がんの情報を得られる地域づくりの第一歩」において、和歌山県の取り組みを報告しました。国立がん研究センターでは、がん情報普及のための医療・福祉・図書館の連携プロジェクトに取り組み、住民へのがん情報の充実を図ることを目的としています。

 今回、和歌山県の取り組みを紹介するため、和歌山県立医科大学附属病院がん相談支援センターの雑賀祐子看護師から和歌山県のがん対策を主として、公開講座で県立図書館と共催する有効性やがん相談支援センターの取り組みなど報告がありました。当館からは、松田公利主査司書が、「がん」関係図書コーナーの開設における関係機関との連携や、県民の後押しにより連携が発展したことなどの実例を報告しました。また、福岡県飯塚市と北海道浦河町からも取り組みの報告があり、シンポジウムでは参加者から多くの質問をいただきました。

 当日、雪が積もり寒い盛岡市でしたが、北海道と東北地区から100名近い関係者の参加があり、最後に開かれた情報交換会では、通常実現しない北日本地区の図書館職員等の方々と交流を持つことができ、有意義な時間を参加者の皆さんと共有することができました。

2017_2_8_1.JPG 
会場の「アイーナいわて県民情報交流センター」
(岩手県立図書館が併設する)

2017_2_8_2.JPG
和歌山県立医科大学附属病院の雑賀祐子氏の報告

2017_2_8_3.JPG
和歌山県立図書館の報告

2017_2_8_4.JPG
情報交換会

平成28年度 中高生読書まつりを開催しました。

 12月11日(日)に「平成28年度 中高生読書まつり-ビブリオバトル和歌山大会決勝戦・ビブリオバトル及びPOPコンクール表彰式-」を開催しました。

 

 ビブリオバトルでは、県内の地域大会等で選出された中高生16名が自分のオススメの本を5分間で紹介。発表者の皆さんは、本の特徴や出会ったきっかけ、本を読んで感じたことなど、様々な切り口で本の魅力を伝えていました。また、質疑応答の際は客席や他の発表者からも積極的に質問があり、そのやり取りに笑いが起きる場面もありました。

 その後、投票により「一番読みたくなった本」=「チャンプ本」を決定。中学生の部は、かつらぎ町立笠田中学校 柳澤建臣さんが紹介してくれた『ジュニア空想科学読本2』(柳田理科雄/著)、高校生の部は、近畿大学附属新宮高等学校 中村輝保さんが紹介してくれた『コーヒーが冷めないうちに』(川口俊和/著)がチャンプ本に選ばれました。

 

 POPコンクールでは、9月6日から10月14日まで、県内の中高生からPOPを募集し、集まった762点の作品の中から、入賞10点、佳作40点を決定。最優秀賞には県立田辺高等学校 坂上舞香さんが描いた『鹿男あをによし』(万城目学/著)のPOPが選ばれました。坂上さんは表彰式でのコメントで、インパクトのある構成を考えたり、物語中で鍵となる勾玉を背景に配置したことなどを話してくれました。

 

 POPコンクールの入賞・佳作作品は、2月5日まで県立図書館1階の児童室前で展示し、その後、県立紀南図書館で展示する予定です。また、これらのPOPと「ビブリオバトル和歌山大会決勝戦」で紹介された本を併せて展示しています。ぜひチェックしてみてください。

 

詳しい結果はこちらをご覧ください。(別ウィンドウで開きます)

平成28年度ビブリオバトル和歌山大会決勝戦 結果はこちら

平成28年度POPコンクール 結果はこちら

2016_12_14_1.JPG 2016_12_14_2.JPG
 限られた時間でおすすめポイントを紹介   リアルな鹿の絵が目を引くPOP最優秀作品

「がん」のセミナーが開催されました

 平成28年10月6日(木)に、国立がん研究センターがん対策情報センターと第一生命保険株式会社が共催しての「がん」情報普及セミナーが和歌山県民文化会館で開催され、約220人の参加がありました。このセミナーは、「がんの時代を生きる」と題して、各地で開かれていて、がん情報を得る方法など学べる内容になっています。

 国立がん研究センターがん対策センター長の若尾文彦氏からは、正しいがん情報の探し方や、がん検診による早期発見の必要性について話されました。

 また、和歌山県立医科大学附属病院腫瘍センター副センター長の上田弘樹氏からは、和歌山県のがん死亡率や検診の受診率などの統計を基にした状況説明がありました。さらに、県内のがん治療の拠点病院や、治療費や仕事を継続する等の相談ができる「がん相談支援センター」の紹介がありました。

 このセミナーで、当館からは「がん関係図書コーナー」を案内しました。がんコーナーにある図書の紹介、当館で開催の図書館いきいきサロンや公開講座などを説明して、がん情報を得る入口として気軽に当館を活用して欲しいとお伝えしました。

 平成26年の統計で和歌山県は、75歳未満のがんで亡くなった人の割合が全国で9番目に高く、和歌山県では個人に限らず、企業などと連携してのがん検診受診率向上を目指しています。当館も、がん情報のワンストップ拠点として、県民の皆さんにがん情報を広く提供できるように今後も取り組んでいきます。

2016_10_19_1.JPG 
がん対策情報センター長 若尾文彦氏による基調講演

2016_10_19_2.JPG

 「がん」関係図書コーナーの紹介をする当館松田主査司書

2016年和歌山地域図書館協議会フォーラムを開催しました

10月1日(土)に当館に隣接する和歌山大学松下会館において、「2016年和歌山地域図書館協議会フォーラム」(和歌山地域図書館協議会主催)を開催しました。

【今回のテーマは「華岡青洲とその門人たち」】

医聖華岡青洲顕彰会顧問の池田章氏に「医聖華岡青洲とその生涯」と題してご講演いただきました。華岡青洲の生涯を思いをこめて熱く語ってくださいました。元和歌山市立博物館副館長の高橋克伸氏には「門人からみた春林軒における青洲の医療について」と題して華岡青洲の門人たちによる詳細な手術の記録などの資料を解説していただきました。2016_10_1_No1.jpg

2016_10_1_No2.jpg 

このフォーラムにあわせて、当館一階閲覧室において
華岡青洲に関連のある資料約60冊の展示・貸出を行いました。

2016_10_1_No3.jpg

華岡青洲が創案した手術用メス(コロンメス)の複製
(和歌山県立医科大学図書館所蔵)も展示しました。

 フォーラムの企画・運営・広報、資料展示、和歌山地域図書館協議会企画展「和歌山と医学のひろがり」のパネル作成などを和歌山大学、高野山大学、近畿大学生物理工学部、和歌山工業高等専門学校、和歌山県立医科大学、和歌山信愛女子短期大学の図書館と和歌山県立図書館が役割を分担して行いました。

 たいへんだけど、なんだか楽しい・・・。

そして、かずかずのハプニング(?)を乗り越え、無事にフォーラムを開催することができました。      

 華岡青洲について、よりよく知っていただけたのではないでしょうか?

ご参加ありがとうございました。

 

※『和歌山地域図書館協議会』は和歌山県内の大学、短期大学、高等専門学校の図書館と和歌山県立図書館を中心とした県内の公立図書館(室)が連携して生涯学習の発展に寄与することを目的として組織しています。

「図書館で涼もう!2016」を開催しました

 夏休みに図書館で涼しみながら楽しんでもらうため、毎年開催している「図書館で涼もう!」。今年は「紙芝居を作ろう」と「アート体験!ドローイング」の2本立てで開催しました。

 

 8月2日に開催した「紙芝居を作ろう」では、和歌山紙芝居研究会の方々を講師としてお招きし、紙芝居の実演の後、作り方をお話ししていただきました。実際に作り始めると、最初は何を描くか悩んでいた子どもたちも、徐々に自分の好きなものや家族のことなどをテーマに、個性あふれる素敵な紙芝居を作り上げていきました。自分で作ることで、普段読んでもらっている紙芝居の新たな魅力を発見してくれたのではないかと思います。

 

 8月18日には「アート体験!ドローイング」を開催。「ドローイング」とは、主に線を使って絵を描くことです。イベントでは当館司書が線や色をテーマにした絵本の読み聞かせを行った後、和歌山県立近代美術館の学芸員さんにドローイングの説明をしていただきました。そしていよいよお絵かき開始!模造紙に絵の具やクレヨンで自由に線を描いていきます。最後は枠の中に好きな部分を収め、世界に一つの作品を完成させました。絵を描いている時の子どもたちの生き生きとした表情が印象的でした。

紙芝居を作ろうの写真 アート体験!ドローイングの写真

『かみながひめ』の マルチメディアDAISY図書が製作されました。

『かみながひめ』:まつい かずえ/ぶん  ながと やすこ/え
わかやま絵本の会/発行  1994年刊
※ 和歌山県日高川町にある道成寺の由来を伝えるお話です。

公益財団法人伊藤忠記念財団の"「日本昔話の旅」マルチメディアDAISY図書製作"企画に当館が協力してマルチメディアDAISY図書『かみながひめ』が製作されました!!

マルチメディアDAISY図書って?
マルチメディアDAISY規格(国際標準規格)で作られた資料。
音声読み上げ、読み上げ速度の調整、読み上げている文節のカラー表示などができ、できるだけ読みやすい方法で読めるように工夫された活字による読書が困難な方のための資料です。

2016_05_10_1.jpg 

"「日本昔話の旅」マルチメディアDAISY図書製作"企画には、今回9つの道県立図書館が協力しています。

和歌山県は『かみながひめ』、奈良県は『わらしべ長者』、岡山県は『ももたろう』と、それぞれの道県に伝わるさまざまなおはなしが各道県立図書館の協力で製作されています。

それらのお話が収録されたマルチメディアDAISY図書が、平成28年5月に、日本全国約950カ所の公共図書館や特別支援学校等に寄贈され、紙の本を読むことに障がいのある子どもたちに提供される予定です。

それぞれに読みやすい方法でみんなが楽しく読書ができることを願うとともに、このマルチメディアDAISY図書製作に関わったすべての方々に感謝申し上げます。

2月27日(土)にスプリング遊ing「がん患者・家族、県民のための公開講座」(和歌山県立医科大学附属病院・和歌山県立図書館主催)を開催しました。今回は放送作家の小松武幸さんに『家族ががんに・・・その時どうする?~乳がんの妻と共に闘った夫からのメッセージ~』と題してご講演をしていただきました。

 

初めに、当館の司書より小松さんの著書『ママが生きた証』を紹介しました。

第1部では、小松さんの奥さんである美恵さんの映像が流されました。これは御子息である遼雅君へのビデオメッセージでもあり、最愛の子どもを残す母親の気持ちが伝わり、目頭を押さえている方が多くみられました。

講演では、患者さんが自分らしく生きるために、家族はその環境を整えていくことが大事であるという、小松さんの実体験を元に説得力あるお話をいただきました。

第2部では、和歌山県立医科大学病院緩和ケアセンターの石徹白しのぶさん(がん性疼痛看護認定看護師)と小松さんが「患者さんと家族が一体となるために必要なこと」というテーマでお話されました。

講演の最後に、健やかに成長している5歳の遼雅君が写し出され、会場から感嘆の声が上がりました。

また、NPO法人いきいき和歌山がんサポートさんによるケア帽子講習会や、がんサロンなどの活動紹介もありました。

 

会場は満員となり、「がん」への関心の高さが伺えました。がん患者さんをはじめ、御家族、また今後「がん」と関わっていくかもしれない方々へ向け、幅広く参考にしていただける講演会となりました。

県立図書館の「がん」関係図書コーナーも有効に御活用いただければ幸いです。

2016_03_04_1.jpg   2016_03_04_2.jpg
   小松さんと看護師・石徹白さんのトーク    講演の最後に御子息を紹介する小松さん

 平成28年2月5日(金)、田辺市で開催された地域づくりネットワーク和歌山県協議会の研修交流会で、「司書が教える図書館活用法」の説明をしました。参加者は県内で地域づくりに取り組んでいる団体、企業、行政職員、個人の方などです。

 まずは東京農業大学教授、木村俊昭さんの「地域づくり活動団体と行政との協働による地域創生」と題した講演です。木村さんはNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」など、様々なメディアに取り上げられ、"スーパー公務員"の異名を持つ方です。登場された木村さんは、よく笑う快活な方で、生まれ故郷の北海道や地域づくりに関わった市町村を事例に出しながら、地域づくりの活動をするために大切なことを話され、とても実のある講演でした。

2014_2_13_1.JPG
ホワイトボードいっぱいに書きながら熱弁をふるう木村さん

 

 続いて、県立図書館の説明です。本の貸出以外に調査相談や、近くの図書館等を通じて県立図書館の本を借りられること、県民の課題解決に役立てるコーナーづくりをしていること等盛りだくさんの内容を説明し、地域づくりにぜひ活用してほしいと、10分間ですが精一杯伝えました。参加者の皆さんは、「図書館で調べ物の相談ができるのか」「本以外に情報を得る手段がいろいろあることを知った」と、図書館のサービスに興味を持ってくれていました。また、会場に展示した地域づくりに関連のある本70冊を、たくさんの人が手にとって見てくれました。(会場に展示した本は、現在閲覧室に展示しています。)

2014_2_13_2.JPG  2014_2_13_3.JPG
図書館を一生懸命PR!!              本も地域づくりに役立ててください

 

 グループワークや交流会にも参加し、木村さんを始め、多くの方々とつながりを持つことができました。このつながりを今後広げていきたいと思います。