和歌山県立図書館|沿革のページ
TOP和歌山県立図書館(本館)HOME > 沿革

沿革

図書館の写真
明治41(1908)年6月  和歌山県立図書館が和歌山城内に創設、開館。蔵書数約8,000冊でスタート。館内閲覧のみ、完全閉架方式
明治43(1910)年1月  館外貸出業務開始(「貸出特許票」交付者のみ)
大正 2(1913)年3月  「図書目録」第1号発行(その後、第2号を大正5年に第3号を大正10年にそれぞれ発行)
大正 8(1919)年  貸出文庫用資料の収集開始
大正 9(1920)年  一般図書(基本)と児童用図書を初めて分離
大正 9(1920)年11月  第2号書庫竣工。本館・1号書庫と併せて総建坪129坪(425.7平方メートル)となる
昭和 7(1932)年12月  本館改築案可決。翌年「和歌山図書館後援会」が設立。総裁に徳川頼貞、会長に鎌田栄吉が就任
昭和13(1938)年6月  2代目和歌山県立図書館、和歌山城内で建替え開館。
初の専任館長が就任
昭和20(1945)年1月  本館が軍に接収され、海草地方事務所の一室に移転するが開店休業状態となる。
昭和20(1945)年9月  戦災を免れた本館復帰
昭和20(1945)年10月  本館が再び米駐留軍に接収され、翌年4月まで和歌浦双青寮に移転、仮業務を実施
昭和21(1946)年6月  本館復帰開館
昭和23(1948)年5月  フィルムライブラリー設置
昭和26(1951)年11月  紀南分館開館
昭和28(1953)年9月  自動車文庫「たちばな号」(本館)紀北5郡の運行を開始、この後、同38年・46年・56年・平成3年と自動車を更新し巡回事業を継続
昭和29(1954)年7月  紀南分館自動車文庫「はまゆう号」日高川以南の運行を開始
昭和33(1958)年1月  和歌山県立図書館利用規則」及び「和歌山県立図書館管理規則」(昭和33年和歌山県教育委員会規則1・2号)を制定
昭和39(1964)年5月  農村モデル図書館としての那賀町立図書館内に、紀北分館を設置、開館。7月、自動車文庫「紀の川号」により、那賀町、粉河町、かつらぎ町で巡回開始。昭和47年まで継続、「紀の川号」の廃車に伴い、同事業を廃止し、当該地域を「たちばな号」の巡回地域とする
昭和43(1968)年3月  『郷土誌料調査目録 第1集 地場産業の部』を刊行、翌年第2集を発行
昭和45(1970)年3月  『和歌山県立図書館所蔵郷土誌料目録』を刊行
昭和47(1972)年12月  紀南分館新館(田辺市湊1764)、竣工、開館
昭和53(1978)年6月  元和歌山県立医科大学教授西村長応氏からの寄付をもとに昭和51年「青少年文庫基金」を創設、2年間の資料収集後、同53年「青少年文庫」を開設、同55年「青少年文庫」の一部として「性教育文庫」を開設
昭和58(1983)年3月  『和歌山県立図書館郷土資料目録 増補改訂版』を刊行
昭和63(1988)年11月  「和歌山県立図書館等建設基本構想検討委員会」(以下「検討委員会」とする。)が発足。翌年4月「検討委員会」が建設基本構想をまとめ、知事に答申
平成4(1992)年11月  視覚障害者に対する対面朗読や電話による新聞の朗読サービス等を行うための「図書館ボランティア養成講座」を紀南分館で開催平成7年以降は内容を「お話ボランティア」の養成に変更し本館で開催、平成10年まで継続
平成5(1993)年7月  新県立図書館、文化情報センター・県立文書館との複合施設として開館(愛称=「きのくに志学館」)同時に第1次図書館コンピュータシステム導入
平成6(1994)年6月  和歌山県公共図書館協議会・和歌山県図書館事業連絡会・紀南自動車文庫運営協議会の3団体を統合「和歌山県公共図書館協会」が発足、事務局を本館に設置
平成6(1994)年8月  開館1周年記念事業として、神坂次郎氏による講演会「南方熊楠に学ぶ」を開催
平成6(1994)年10月  図書館報『きのくに志学館だより』創刊、6号(平成10年3月)まで発刊
平成6(1994)年11月  開館1周年事業「手づくり紙芝居コンクール」を開催、以後毎年11月3日(文化の日)に開催
平成7(1995)年7月  「和歌山県立図書館協議会条例」制定、翌年3月第1回協議会を開催、以降毎年開催
平成8(1996)年2月  新館開館からの延べ入館者数が100万人を突破
平成8(1996)年3月  本館管内市町村の図書館活動活発化を目指し、自動車文庫「たちばな号」運行事業を、宅配一括貸出事業に変更
平成8(1996)年4月  「市町村図書館オンラインシステム」稼働
平成10(1998)年7月  県立図書館コンピュータシステム更新(第2次)
平成10(1998)年11月  新館開館からの延べ入館者数が200万人を突破
平成11(1999)年9月  視覚障害者サービス充実のため、書籍自動音訳装置「よみとも君」導入
平成11(1999)年10月  日本観光協会より紀南分館「はまゆう号」が「動く観光図書館事業」におけるモデル図書館として選定される
平成11(1999)年10月  『図書館だより』(季刊)を創刊
平成12(2000)年3月  「すこやかあんしん子育てフェスタ」(於:和歌山ビッグホエール)に「子どもと絵本とおはなし会」出展
平成13(2001)年8月  新館開館からの延べ入館者数が300万人を突破
平成13(2001)年10月  「和歌山地域コンソーシアム図書館」が和歌山大学HP上で開館
平成14(2002)年9月  新館開館10周年記念自主事業として、「華岡青洲」を上演
平成15(2003)年1月  新館開館10周年記念自主事業として、「新春コンサート」を開催
平成15(2003)年10月  和歌山県子どもの読書活動推進事業「図書館で遊ぼう!図書館で学ぼう!」を翌月との2部構成で開催
平成15(2003)年12月  県立図書館コンピュターシステム更新(第3次)
平成16(2004)年1月  ホームページに蔵書検索システムを導入
平成16(2004)年2月  メールマガジンの配信を開始
平成16(2004)年3月  ネットサービス(Web予約)を開始
平成17(2005)年4月  県立紀南図書館(旧:紀南分館)が県立情報交流センターBig・U内に開館
平成17(2005)年5月  「環境フォーラム2005」(於:県立体育館)に環境関連図書を出展
平成17(2005)年1月  開館時間を一部延長(土・日曜日の閉館時間を17時から18時に変更)
平成17(2005)年7月  館内整理日を毎月1日から第2木曜日に変更
平成17(2005)年8月  那賀町立図書館内に設置の紀北分館を閉館
平成19(2007)年3月  新館開館からの延べ入館者数が500万人を突破
平成19(2007)年4月  祝日開館を実施
平成20(2007)年6月  開館100周年を迎える
平成20(2008)年7月  開館100周年記念式典を挙行
平成21(2009)年1月  県立図書館コンピュターシステム更新(第4次)
平成25(2013)年1月  図書の貸出上限5冊→10冊及びCDの貸出上限1枚→2枚、貸出期間1週間→2週間に変更
平成26(2014)年1月  県立図書館コンピュターシステム更新(第5次)
平成27(2015)年4月  本館児童室開室時間(平日)を19時まで延長
平成29(2017)年4月  開館時間を午前9時からに変更

このページの先頭に戻る