和歌山県立図書館
TOP和歌山県立図書館(本館)HOME > Q&A利用者の声

Q&A利用者の声

エントランスホールの写真

エントランスホールに設置した「利用者の声」によるご意見・ご質問から、代表的なものとそれに対する回答を掲載しています。

施設

Q1館内に車イスはありますか?
A1 玄関横に車いす3台を用意しています。
 使用方法の説明や補助が必要な方は、館内入口左手のカウンターにあるインターホンをご利用いただくか、最寄りの職員まで連絡してください。
Q2館内が暑い(寒い)ので室温を下げて(上げて)ください。
A2  館内の空調はエリア単位で集中管理されており、冷房は28℃、暖房は19℃に設定されています。
 体感温度は個人差があり、別の方からは館内が寒い(暑い)ので室温を上げて(下げて)ほしいという要望もあります。
 ついては、ご利用頂いている場所が寒い(暑い)場合は、場所を変えていただくか、大変申し訳ございませんが、衣服等により調節していただきますようお願いします。

 冷房の運転期間は、6月上旬~10月中旬、暖房は11月下旬~3月下旬となっています。
 なお運転期間については状況により変更することもあります。また、換気については年間を通して運転しています。
 ご理解、ご協力の程、よろしくお願いします。
Q3館内入口を裏にも設けられませんか?
A3 裏の駐車場は、平成18年と平成20年に花壇や植栽敷地を整備して増設したものです。ご要望の館内入口については、建物の構造上の問題やセキュリティ面で設置することは非常に難しいと考えられますので、大変申し訳ございませんが、正面入口をご利用いただきますようご理解の程よろしくお願いします。
Q4館内で喫煙はできますか?
A4  館内で喫煙はできません。喫煙場所は、利用者の皆さまの安全を確保し、防火やポイ捨て防止などを考慮して図書館の出入口を避けた館外東側に設置しています。
Q5カギつきのカサ立てを設置してください。
A5  カギつきのカサ立てについては、開館当初に設置していましたが、カギの紛失などにより、カギつきの機能を失った状態になったために現在のカサ立てとなりました。
 なお、1階総合カウンター、2階文化情報センターでカサをお預かりすることができます。
 また、ご自身で管理いただく場合は、入り口横にカサ用ビニール袋を設置していますので、ご利用ください。
Q6学習コーナーをもう少し増やせませんか?
A6  図書館では資料情報を提供するために、貸出とレファレンスサービス(調査研究の援助や問い合わせに対する回答)を行っており、資料の閲覧のために座席を設けています。このことから、閲覧室では自習を行うことはご遠慮いただいています。
 ご要望もあり、本館では平成15年から学習コーナーを確保し、その後エントランスホールにも臨時の学習コーナーを設けています。これ以上のスペースの確保は、困難ですのでご了承ください。

このページの先頭に戻る

マナー

Q1館内で携帯電話を使用してよいですか?
A1  本館では、携帯電話のご使用により他の利用者の皆さまに迷惑がかかる閲覧室や学習コーナーなどでは、電源を切るか、マナーモードに設定し、通話は控えていただくようお願いしています。
 なお、携帯電話を使用されている方を見かけた場合は、職員がお声を掛けさせていただいています。

閲覧・貸出

Q1手芸・料理などの本をもっと閲覧室に出してください。
A1  手芸、料理などの本は、閲覧室の22番本棚(家政学)に衣服・手芸関係書が約200冊、料理関係書が850冊入っています。
 なお、書庫に入っているのは出版年が古くなったり、市町村支援で活用したりする本で、スペースの関係上、残念ながら閲覧室に出すことができません。
 閲覧室にご希望の本が無い場合はお手数ですが、利用者端末で検索していただくか、カウンターで職員にお聞きください。
Q2閲覧室の本はどのように分類されているのですか。
A2  当館では本を容易にかつ迅速に探し出すために日本十進分類法に従って分類しています。お求めの本が見つからない場合は、職員にお気軽に声をかけてください。
 なお、館内には検索用の端末もありますので、ご利用ください
Q3辞書も貸出可能にできませんか?
A3  来館された利用者の皆さまから調査相談をいただいた際に、当館では基本の資料である辞書を最初に紹介しています。
 そのため、図書館に辞書類を常備しておく必要があり、館外に持ち出しできない資料とさせていただいています。
 ご不便をおかけしますが、ご理解をいただき、館内でご利用いただきますようお願いします。

このページの先頭に戻る

予約

Q1インターネット上の予約は、貸出中の本しかできないのはなぜですか?
A1  本の在庫状況は、常に変わっていますので、インターネット上で館内閲覧や貸出などの状況をリアルタイムに反映することができません。 例えば、閲覧中の本で貸出手続きがされていない場合、ネット上では貸出可能となっておりますが、閲覧後に貸出手続きをされる可能性もあります。その状況の中で、インターネット予約を可能にすると、来館して貸出利用される方などにご迷惑をおかけすることにもなりますので、貸出中の本のみ予約可となります。
Q2  図書館では、延滞している人に何らかの対策をしているのですか?
A2  本館では、返却が遅れている方にはその都度、ご本人に督促の電話連絡を行い、速やかな本の回収と予約の方への貸出に努めています。返却が遅れている方に連絡がとれない場合や、返却が困難な状態になっている場合もありますので、その場合は本館から、ご予約の方に連絡し、その旨ご説明をさせていただいています。

リクエスト

Q1  中学生や高校生が読む本をもっと増やしてください。
A1  中・高校生向けの本「ヤングアダルト資料」については、従来、児童室にあった資料と新たに購入した資料を合わせて、平成23年10月14日より閲覧室において「ヤングアダルト資料コーナー」を新設・充実させています。ぜひ、ご利用ください。
Q2  老人の為の紙芝居や読み聞かせに使用する本はありますか?
A2  高齢者向けの紙芝居や読み聞かせの本については、『はじめてみよう老人ケアに紙芝居』シリーズ5冊を購入し、児童室紙芝居コーナーに置いています。また、読み聞かせに向く絵本・紙芝居等については、カウンターの職員にご相談ください。
Q3  県内の地方新聞をもっと増やしてください。
A3  本館では一般新聞を8紙、郷土新聞を7紙、合計15紙を収集しております。年間を通しての計画的な収集を行っていますので、和歌山県内の情報は現在収集している新聞でご覧ください。
Q4  PCの技術書をもっと増やしてください。
A4  今後の購入計画では、IT関連の本(PCの技術書を含む)も含まれていますので、増えていく予定です。
 なお、紀南図書館には「IT関連図書コーナー」があり、蔵書も充実しています。定期便があり、本館でも借りていただくことができますので、詳しくは、職員にお尋ねください。
Q5  カラフル文庫及びポプラ文庫はありますか?
A5  カラフル文庫及びポプラ文庫については、全巻ではありませんが、購入しています。コーナーは設けていませんので、利用者端末で検索していただくか、職員にお尋ねください。

このページの先頭に戻る

パソコン

Q1  パソコンを利用した履歴は消去されるのですか。また、調べたものをUSBに保存して持ち帰れますか?
A1  インターネット用端末は、再起動後に履歴が消える設定になっています。
 また、ウイルス感染を防ぐ等、セキュリティーを確保するため、USBの使用はご遠慮いただいています。
 

文化情報センター

Q1  DVD、CDを借りる事ができますか?
A1  DVD,CDは、2階の文化情報センターで利用できます。
 CDについては、1人2枚、2週間(延長は2週間です。)借りていただくことができますが、DVDについては、館内でのみ視聴していただくことになります。
Q2  クラシックやジャズのCDは借りられますか?
A2  クラシックやジャズのCDの貸出はしています。その他にポピュラーミュージックや落語などもあります。
Q3  CDの返却も返却ボックスに返せるシステムを考えてください。
A3  CDの返却については、返却ボックスを利用すると、その後に返却された本によりケース又はCDが破損する可能性があるため、直接カウンターへの返却をお願いしています。
 返却が遅れる場合は、電話で延長の申請ができるようにしてありますので、そのシステムをご利用下さい。(返却延長は2週間です。)
Q4  おもしろいDVDを買ってください。
A4  DVDの購入については、文芸的なものや子ども達の興味がわくものなど、利用者の皆さまのニーズにあったものを検討し、購入していきたいと考えております。

その他

Q1  急いで帰りたい時などのために、カバンを預けずにそのまま入ることのできる返却専用窓口を設置してください。
A1  返却のみの場合は、カバンを預けないで入ることができます。
Q2  100円玉がなくて、ロッカーに荷物を預けることが出来ない時は、どうしたらよいですか?
A2  エントランスホール内北側に両替機を設置しておりますので、ご利用ください。また、総合カウンターでもお預かりしますので、お気軽にお申し出ください。
Q3  新聞を閲覧する専用の席はありますか?
A3  特に専用の席は設けていませんが、「新聞の閲覧は、なるべく新聞架付近でお願いします。」と閲覧室内に掲示し、ご協力いただいています。
Q4  資料点検(6月上旬頃)のための長期休館があるのはどうしてですか?
A4  資料点検は、利用者の皆さまが必要とされる本を円滑かつ迅速に探し出すため、現在所蔵している90万冊(H25.3.31現在)の蔵書が正しい位置に並んでいるか、また、所在しているか等を総点検するものです。
 具体的には、この期間中、次のような作業を日々計画的に行っています。
・90万冊すべての蔵書について、本に貼っているバーコードを機械で1冊ずつ読み込み、所在を確認する作業。
・年間約2万冊の新刊図書を利用していただくために、閲覧室にある古い本、いたみの激しい本、貸出の少ない本等を地下の書庫に移動し、新しい位置のデータをコンピュータに入力し直す作業。
・利用者の利便性を図るために、本の配置を換えるとともに新しい位置のデータをコンピュータに入力し直す作業。
・破れている本やラベル等がはがれている本の修理作業。
・施設(入り口、エントランスホールも含む)内外の清掃、機械設備の保守点検及び修繕作業。
 このような作業は、すべて手作業で行うため、集中的に行うことが必要です。 県民の財産である本について的確に把握・管理し、利用者のみなさまに気持ちよく利用していただくために、必要な作業であることをご理解ください。

このページの先頭に戻る