小谷 喜久江/著 -- 笠間書院 -- 2017.6 -- 919.5

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 閲覧室 /919.5/ハラ/ 323506931 一般 利用可 在庫

資料詳細

タイトル 女性漢詩人原采蘋詩と生涯 
副書名 孝と自我の狭間で
著者 小谷 喜久江 /著  
出版者 笠間書院
出版年 2017.6
ページ数 654,17p
大きさ 22cm
NDC分類(9版) 919.5
内容紹介 生涯独身で日本各地を遊歴の漢詩人として旅し続けた原采蘋。「漢詩人として成功せよ」との父の遺命を背負い、漢詩人としての業績を上げることに精進した彼女は何を望み、何を後悔していたのか。彼女の生涯と詩を再評価する。
ISBN 4-305-70845-8
著者紹介 1947年千葉県生まれ。日本大学大学院総合社会情報研究科博士課程修了。博士号取得(総合社会情報)。