島薗 進/編 -- 春秋社 -- 2014.11 -- 162.1

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 閲覧室 /162.1/シリ/2 323333310 一般 利用可 在庫

資料詳細

タイトル シリーズ日本人と宗教  2
副書名 近世から近代へ
言語 日本語
著者 島薗 進 /編, 高埜 利彦 /編, 林 淳 /編, 若尾 政希 /編  
出版者 春秋社
出版年 2014.11
ページ数 5,267p
大きさ 22cm
一般件名 宗教-日本
NDC分類(9版) 162.1
内容紹介 日本人にとって宗教とは何か、という根源的な問いに答える試み。2は、神道・儒教・仏教の交錯した近世の宗教のありかたと、近代に生まれた「宗教」概念について考察する。
ISBN 4-393-29942-5

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
神・儒・仏の時代 若尾 政希/著
「天道」思想と「神国」観 神田 千里/著
神・儒・仏の交錯 若尾 政希/著
近世仏教と民衆救済 蓑輪 顕量/著
神・儒・仏の三教と日本意識 前田 勉/著
民衆信仰の興隆 神田 秀雄/著
「復古」と考証 高橋 章則/著
近代的世界像と仏教 岡田 正彦/著
宗教概念と日本 オリオン・クラウタウ/著