ロバート・B.ピピン/著 -- 法政大学出版局 -- 2013.4 -- 134.4

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 閲覧室 /134.4/ヘゲ/ 321914285 一般 利用可 在庫

資料詳細

タイトル ヘーゲルの実践哲学 
副書名 人倫としての理性的行為者性
叢書名 叢書・ウニベルシタス
言語 日本語
著者 ロバート・B.ピピン /著, 星野 勉 /監訳, 大橋 基 /訳, 大藪 敏宏 /訳, 小井沼 広嗣 /訳  
出版者 法政大学出版局
出版年 2013.4
ページ数 8,506,38p
大きさ 20cm
NDC分類(9版) 134.4
内容紹介 自由に行為するとはどういうことなのか。そもそも自由に行為することは可能なのか。精緻なテクスト読解によってヘーゲルを近代自由論の中心に位置づけて、われわれが生きる現代の重要問題に答える、独創的で斬新な実践哲学。
ISBN 4-588-00991-4
著者紹介 1948年アメリカ生まれ。シカゴ大学の大学院社会思想研究科、哲学研究科、カレッジの特別教授。研究領域は近現代のドイツ哲学。文学研究、美学芸術研究、映画理論でも旺盛な研究活動を行う。