小林 亜津子/著 -- 筑摩書房 -- 2011.10 -- 490.15

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 児童室 Jブ/49/コバ/ 322117763 児童 利用可 在庫

資料詳細

タイトル はじめて学ぶ生命倫理 
副書名 「いのち」は誰が決めるのか
叢書名 ちくまプリマー新書
著者 小林 亜津子 /著  
出版者 筑摩書房
出版年 2011.10
ページ数 191p
大きさ 18cm
一般件名 生命倫理
NDC分類(9版) 490.15
児童内容紹介 目に見えず、手で触れることもできない「いのち」。このような何とも不思議なものの始まりや終わりを、「決める」のは誰なのか。安楽死や精子バンク、中絶、結合双生児の分離手術など、7つのトピックを紹介し、「いのちの決定」について考えます。
内容紹介 医療技術の進展にともない、自分の「いのち」に関する医療を、「自分で選ぶ」機会が増えつつある。安楽死や精子バンク、動物のいのち、子どものいのち決定権など、医療の決定が問題となる場面を改めて考える。
ISBN 4-480-68868-2
著者紹介 東京都生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。北里大学一般教育部准教授。専門はヘーゲル哲学、生命倫理学。著書に「看護のための生命倫理」「看護が直面する11のモラル・ジレンマ」など。