黒住 真/編著 -- 春秋社 -- 2007.3 -- 121.04

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 書庫E /121.0/シソ/ 320972540 一般 利用可 在庫

資料詳細

タイトル 思想の身体  徳の巻
言語 日本語
著者 黒住 真 /編著, 福井 裕之 /[ほか著]  
出版者 春秋社
出版年 2007.3
ページ数 7,292p
大きさ 20cm
一般件名 日本思想
NDC分類(9版) 121.04
内容紹介 日本人の倫理観において最も忘れられ、最も必要とされる思想「徳」。衣・食・住の動的なリズムの背景にあるものとは。人において徳とはなにか、徳と秩序の神義論、庶民社会における「徳」などについて論じる。シリーズ第8集。
ISBN 4-393-33252-8
著者紹介 1950年岡山県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。日本思想史・倫理学・比較思想宗教専攻。

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
人において徳とはなにか 黒住 真/著
徳と秩序の神義論 福井 裕之/著
日本仏教における「徳」をめぐって 頼住 光子/著
庶民社会における「徳」 田尻 祐一郎/著
共同的なる徳とカリスマの表象 趙 寛子/著
人間における徳 竹内 整一/ほか述