保坂 高殿/著 -- 教文館 -- 2005.9 -- 196.3

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 書庫E /196.3/ホサ/ 320703366 一般 利用可 在庫

資料詳細

タイトル ローマ史のなかのクリスマス 
叢書名 異教世界とキリスト教
言語 日本語
著者 保坂 高殿 /著  
出版者 教文館
出版年 2005.9
ページ数 242,53p
大きさ 20cm
一般件名 クリスマス , ローマ(古代)
NDC分類(9版) 196.3
内容紹介 なぜ12月25日がクリスマスになったのか? 文献資料や図像及び碑文の資料をも駆使し、クリスマス成立にまつわる歴史的事情を古代ローマ帝国の文脈の中で検証する。初期キリスト教における民衆の信仰生活に迫る画期的な書。
ISBN 4-7642-6587-7
著者紹介 1955年東京都生まれ。東京大学大学院人文科学研究科西洋古典学専攻博士課程満期退学。現在、千葉大学文学部助教授。著書に「ローマ帝政初期のユダヤ・キリスト教迫害」など。