鹿野 政直/著 -- 朝日新聞社 -- 2005.1 -- 210.74

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 書庫G /210.7/カノ/ 320573603 一般 利用可 在庫

資料詳細

タイトル 兵士であること 
副書名 動員と従軍の精神史
叢書名 朝日選書
言語 日本語
著者 鹿野 政直 /著  
出版者 朝日新聞社
出版年 2005.1
ページ数 312p
大きさ 19cm
一般件名 日中戦争(1937〜1945) , 太平洋戦争(1941〜1945)
NDC分類(9版) 210.74
内容紹介 動員された兵士は、自分の人生を中断されたという意味で被害者だった。が、武器をとる戦闘者であることにおいては、まぎれもなく加害者だった。兵士によって見きわめられた戦場とはどんなものであったかを説く。
ISBN 4-02-259868-9
著者紹介 1931年大阪府生まれ。早稲田大学文学部卒業。99年まで同大学に教員として勤務。著書に「大正デモクラシーの底流」「近代日本の民間学」「戦後沖縄の思想像」など。