林 雅彦/編 -- 至文堂 -- 2003.3 -- 722.04

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 書庫H /722.0/セイ/ 320228802 一般 利用可 在庫

資料詳細

タイトル 生と死の図像学 
副書名 アジアにおける生と死のコスモロジー
叢書名 明治大学人文科学研究所叢書
著者 林 雅彦 /編  
出版者 至文堂
出版年 2003.3
ページ数 426p
大きさ 22cm
一般件名 東洋美術 , 図像学 , 生と死
NDC分類(9版) 722.04
内容紹介 国文学者を中心に美術史家・比較文学者らが、日本文化の源流とその展開を解析するための手がかりとして、アジアの「生と死」の図像を総合テーマに掲げて執筆した論文9編を収録。
ISBN 4-7843-0256-5
著者紹介 明治大学法学部教授、人文科学研究所長。

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
アジアに流伝する「生死輪」と絵解き 林 雅彦/著
絶後再蘇の構造 金山 秋男/著
天寿国繡帳小考 高瀬 多聞/著
串刺しの母 渡 浩一/著
『二十四孝』の絵画二題 徳田 武/著
「十便十宜図」を読む 徳田 武/著
「死絵」について 原 道生/著
田能村竹田の題画詞 池沢 一郎/著
「道成寺縁起」のことばと絵画 林 雅彦/著