市川 茂孝/著 -- 農山漁村文化協会 -- 1997.9 -- 384.7

所蔵

所蔵は 2 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 書庫B S/384.7/イチ/ 315325969 一般 利用可 在庫
本館 書庫G /384.7/イチ/ 315448597 一般 利用可 在庫

資料詳細

タイトル 日本人は性をどう考えてきたか 
副書名 クローン時代に生かすアジアの思想
叢書名 人間選書
著者 市川 茂孝 /著  
出版者 農山漁村文化協会
出版年 1997.9
ページ数 252p
大きさ 19cm
一般件名 性風俗-歴史 , 生殖 , 東洋思想
NDC分類(9版) 384.7
内容紹介 クローン人間が誕生するということは、男女平等主義の根拠を消滅させること。この危機的状況に備え、東洋の仏教やタントリズムのような独特の生殖観を概観し、性を社会支配の道具から人間回復の鍵へと導く。
ISBN 4-540-97077-1
著者紹介 1921年広島県生まれ。東京大学農学部卒業。大阪府立大学名誉教授。生殖生理学専門。日本不妊学会功労評議員。著書に「タイミング妊娠法」「母権と父権の文化史」など。