ジャン=シャルル・スールニア/著 -- 法政大学出版局 -- 1996.9 -- 493.156

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 書庫H /493.1/スル/ 315036129 一般 利用可 在庫

資料詳細

タイトル アルコール中毒の歴史 
叢書名 りぶらりあ選書
著者 ジャン=シャルル・スールニア /著, 本多 文彦 /監訳, 星野 徹 /訳, 江島 宏隆 /訳  
出版者 法政大学出版局
出版年 1996.9
ページ数 7,436p
大きさ 20cm
一般件名 アルコール依存症
NDC分類(9版) 493.156
内容紹介 先史時代から現代まで、<快適な毒物>アルコールへの人間の抑え難い欲求と、それに対応してきた社会の認識の変遷を、詳細かつ実証的にあとづける。人間の愚かさと残酷さ、そして寛容さの物語。
ISBN 4-588-02177-X
著者紹介 フランスの医師。25年間にわたり外科医として活動した後、アルコール中毒研究および広報活動上級委員会副委員長などの要職を務めた。著書に「診断の論理と倫理」など。