J.ロスチャイルド/著 -- 刀水書房 -- 1994.10 -- 230.7

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 書庫G /230.7/ロス/ 314652710 一般 利用可 在庫

資料詳細

タイトル 大戦間期の東欧 
副書名 民族国家の幻影
叢書名 人間科学叢書
著者 J.ロスチャイルド /著, 大津留 厚 /監訳  
出版者 刀水書房
出版年 1994.10
ページ数 428p
大きさ 22cm
一般件名 ヨーロッパ(東部)-歴史
NDC分類(9版) 230.7
内容紹介 突然にやってきた東欧共産主義体制の崩壊とソ連による東欧支配の終焉の前提に、大戦間期の民族と国家の自立があった。74年に現在を予言した、ロスチャイルドは国際、国内的騒乱に対する新しい思考の枠組みの必要性を説く。
ISBN 4-88708-170-7
著者紹介 政治学者。東欧の政治発展と多民族社会の比較政治の権威。78年優秀教授賞受賞。著書に「エスノポリティクス」など。